妊娠中 カフェイン 摂取量

妊娠中にカフェインはなぜダメなの?摂取していい量はどれくらい?

 

妊娠中にNGだと言われている習慣は色々とありますが、カフェインを含むコーヒーは飲んではいけないというのは良く言われることですね。

 

でも、
なぜカフェインを取りすぎるとダメなのでしょう。
また、
どの程度であれば摂取して良いのでしょうか?

 

ここでは、妊娠中のカフェイン摂取についてまとめてみました。

 

妊娠中にカフェインがダメな理由

 

妊娠中のカフェインがNGだとされている理由の一つは、胎児への影響です。

 

ママがカフェインを摂取すると、胎盤を通してそのまま胎児に送られてしまいます。

 

ただ、体の機能が完成していない胎児はカフェインを代謝することができないため、脳や身体にどんどんカフェインが蓄積されていってしまうのです。

 

さらに、カフェインが持つ血管収縮作用により、ママの体から胎盤に送られる血液が減少し、胎児に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

その結果、胎児の発育不良、そして低体重などのリスクが上がってしまうのです。

 

また、アメリカでの研究によると、カフェインの摂取量が1日に200mg以上の妊婦は全くカフェインを摂取していない妊婦と比較すると流産の確率が2倍あるという結果が出ているそうです。

 

その程度のカフェインなら摂取しても良い?

 

ただ、カフェインをほんの少しでも飲むと完全にダメという訳ではなく、ある程度の基準を超えなければ良いとされています。

 

海外の研究によると、1日に100r以上カフェインを摂取している妊婦は流産や低体重児を出産する割合が高くなり、その割合はカフェインの摂取量が増えるほど増加するという結果が出ています。

 

ですので、目安としては、妊婦が1日に摂取しても良いカフェインの量は、「100mg以内」だと言うことが出来るでしょう。

 

ちなみにコーヒー1杯(150ml)当たりのカフェインの量は約90mlです。なので、どうしてもコーヒーが好きだという人は、妊娠中は1日に1杯のコーヒーをゆっくりと飲むようにすると良いでしょう。

 

また、お茶にもカフェインは含まれているので要注意。

 

例えば煎茶やウーロン茶は100ml辺り約20mg、玉露には同じく100mlで約160mgのカフェインが含まれています。

 

「私はお茶党だから大丈夫」と言う人も、飲みすぎには注意が必要ですね。

 

 

白井田七茶は1包みあたり23mgなので何杯かは問題なさそうですね。

 

 

⇒白井田七茶の口コミはコチラ